健康経営セクション

REACHが創り出すチカラ

健康経営セクション

企業や自治体の健康経営に携わり、
社員や市民の皆様のパフォーマンスアップを目指すセクション

最近話題の健康経営。
REACHとして、社会に貢献できる可能性の中でチャレンジしています。

STEP 1 ASSESSMENT

測定で今の自分の現在地を探しましょう!

「自分のカラダは自分がよくわかっている」と思いがちですが、久々にカラダを動かしたり、昔のイメージのままでエクササイズをするとケガの原因になります。
一番大事なのは、今のカラダがどれだけ動いて、どこまで活動できるのかを知ることです。現在地がわからなければ、目的地までどのルートをたどったらいいかわかりませんよね。今を知ることで、新たに自分の問題点や解決方法が見つかります。

 ヘルス チェック 項目
(カスタマイズ可能)

    • 体組成
    • 血圧
    • 腹囲
    • ゆがみ
    • 血管年齢
    • 肺年齢

フィジカル チェック 項目
(カスタマイズ可能)

    • スクラッチ テスト
    • タッチダウン テスト
    • 長座体前屈
    • 座り立ち テスト
    • プランク テスト
 

STEP 2 COUNSELING

測定値をもとにプロのトレーナーからアドバイスを!


プロのトレーナーが結果を踏まえていいところ、改善すべき点を説明します。
マンツーマンで客観的に結果を見ると、今のカラダの状態と自分のイメージとのギャップが出てくる人が多いです。

結果でショックを受けるわけではなく、そこがスタート地点!
自分のカラダと向き合って、より健康になれるようサポートしていきます。

STEP 3 TRAINING SESSION

個別のメニューもしくはグループでエクササイズ

個別レッスン
 
測定結果をもとに個人に合ったトレーニングメニューが出てくる「メディカル フィットネス システム(MFS)」を活用し、日々の健康状態をログに残し、健康状態を管理していきます。
 
グループレッスン
 
トレーナーが定期的に企業や自治体に出向き、グループでレッスンを行います。グループならではのメリットを生かしてより健康な生活を送りましょう。
予算に応じて頻度を調整していきます。
 

STEP 4 MAINTENANCE

日々の生活にエクササイズを取り組もう!

「継続は力なり」とはよく言ったもので、どんなに素晴らしいエクササイズでも続かなければカラダは変わりません。
一番大事なのは、続けることです。
続けるための工夫を紹介しながら、カラダが変わっていくプロセスを楽しみましょう。

企業様や自治体様によって求めるカタチや環境が違います。
ある程度のカタチはできていますが、それぞれのリクエストや目的を聞きながらベストなプログラムを提供していきたいと考えております。

導入事例

Case #1

健康経営に関しての取り組みとして先頭を走る企業さんからの依頼を受け、従来の体力測定ではなく、カラダの機能に特化した測定項目を含めてほしいということでオリジナルの測定項目を盛り込んだ体力測定を行いました。

過去10年にわたり社員の健康を考え各種測定を行ってきたR社。
血液検査の結果はよくても、カラダの衰えを感じている社員がいるという点と、自分のカラダと向き合い、より健康なカラダを手に入れ維持していく気持ちを持ってほしいという担当者様の意向を踏まえ、新たな測定項目を加え、測定項目を一新し、より社員目線で健康について考えていただけるようなプログラムを提供いたしました。

 

Case #2

社員の健康を願い、社長自ら率先してトレーニングを開始。
就業時間内に健康作りの時間を作り、働き方改革に取り組むシープロン化成。

従業員が会社の基盤と話す有本社長。そんな社長の想いにこたえ、体力測定から個別指導に至るまで従業員の健康を維持するためのスキームを一緒に考えていきたいと考えています。

 

Case #3

京都市の各行政区においての健康づくりとしての「京からだ」

国民健康保険保健事業「生活習慣病一次予防事業」として京都市が取り組んでいる「京からだ」。
各行政区ごとに週1回ペースでエクササイズを行い、測定をしながら健康づくりのお手伝いをしております。

事業紹介

育成
セクション

人材育成
スキルアップ 

ハードウェアは時間とともに古くなるが、知識は時間とともに新しく、さらに豊かになります。「人を育てる」、「社会を豊かにする」ことを目標に、ワークショップやSMC、フィットネスクラブの社員研修など、育成をメインとした部門です。

運営
セクション

施設運営
コンサルティング

フィットネスクラブの運営サポートや健康教室の運営など、現場で直接お客さんと触れ合う機会が多いセクションです。経験と知識を用いて運営&マネージメントの力を発揮しています。関わらせていただいている施設を紹介します。

開発
セクション

イノベーション
プログラム開発

ヘルスケア プロフェッショナルとしての知識を活用し、「モノ」から「コト」へ。商品の価値を高めるメニューの開発などを行っています。トレーニングだけでなく、今までにやったことがない分野へチャレンジし続けているセクションです。

健康経営
セクション

ウェルネスケア
健康サポート

ウエルネスとは人々健康積極的なライフスタイル追求することを意味します。
企業や自治体と連携を図り、ウェルケアに関するセミナーや体力測定・健康教室などを通じ、社員の健康&パフォーマンス アップを目的として活動いているセクションです。